障がいを抱える小さな子供たちが、スポーツに親しみ練習しているニュースを見て、スポーツっていいなあ、と思った。 

 普段は学校などで、同級生から、手がないとか、足がおかしいとか、言われ「いじめられる」。言うほうはそれが相手を傷つけているとは思わない。親、先生、周りの大人たちが、しっかりと「AV求人の教育」しなくてはならないと思う。 

 障がいを抱え、懸命に生きている人たちを、周囲に人たちは「応援」する気持ちが必要だ。同じスポーツをし、できること、できないこと、を明確に理解し、状況を学び、ともにスポーツをしながらお互い「尊敬」できる人間になればいいと思う。